やなぎだ屋で、麻婆丼を食びたよ @中央区平尾

大好物、麻婆豆腐のお話しです。

その歴史は、清の同治帝の治世に、成都で陳森富の妻劉氏が材料の乏しい中、有り合せの材料で来客(労働者)向けに作ったのが最初とされているそうです。

麻という婆さんが作ったと聞いたことがあったのですが、なんだか違いますねlol!!!


日本には、陳建民が持ち込んだというのは、有名な話ですよね。

自分のHDの中に、数年前横浜で食べた陳建一の麻婆豆腐の写真が残っているので、そのうちUP・・・出来るかな。


さて、今回は平尾のやなぎだ屋で麻婆丼を食べたお話しです。


では、どーぞ。


やなぎだ屋 麻婆丼 @500円
P1140992.jpg


まるげんのお隣ですね。
P1140982.jpg



中華居酒屋というだけあって、メニューは中華です。

当たり前か。
P1140983.jpg



黒ごまたんたんめんを始めとした、担々麺がウリのお店のようです。

そう聞くと、違うものを食べたくなる偏屈者がやってきましたよ。

だって、麻婆豆腐が好きなんだもの。
P1140984.jpg



ランチメニューがいろいろと。
P1140985.jpg



いかに麻婆丼が安いか?それが分かりますよね。

えぇ、ワンコインに負けたのも確かです。
P1140986.jpg



ハイ、来ましたよ。
P1140987.jpg



見た目、さほど辛くなさそうな色です。
P1140988.jpg



スープと並べて撮ると、逆になんだか寂しい雰囲気も出たような。

いえ、量的にも間違いない満腹具合でしたよ。
P1140989.jpg



とろみがついた、玉子スープ。

とろみがあるため、なかなか冷めませんでした。
P1140990.jpg



では、いっただきます。

お、予想通り辛さはそんなに感じない!

味も濃すぎないので、ご飯の量とのバランスもイイですね。
P1140992.jpg



辛さを足したい時は、卓上のラー油を使えばいいそうです♪

もちろん、ラー油ふた回し、さん回し・・・
P1140995.jpg



立地上、どうしても連食が頭によぎるお店の並びです。


実際、こちらを出た直後に“まるげん”も行きましたものlol!!!


何を血迷ったか、写真のデータを消しちゃったんですけどね。



そんなこんなで、大好きな麻婆豆腐のお話しでした。



それでは、cya~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック