飩平庵で、ごぼう天うどんを食びたよ @大牟田市樋口町

今日は、うどんなお話しです。

うどんは、漢字で書くと【饂飩】です。

間違いなく、これまでの人生の中で一度も書いたことがない感じです。

典型的な、“読めるけど、書けない漢字”です。

うどんの誕生には諸説があり、定かではないそうなのですが、Wikipediaにはこのように書かれていました。

仁治2年(1241年)に中国から朝鮮半島を通って帰国した円爾(聖一国師)は製粉の技術を持ち帰り、「饂飩・蕎麦・饅頭」などの粉物食文化を広めたと云われている。

また、その円爾が開いた福岡市の承天寺境内には「饂飩蕎麦発祥之地」と記された石碑が建っている。


へぇ~、今度承天寺に行ってみよう。


さて、本日は大牟田にあるうどん屋さんでごぼう天うどんを食べたお話しです。

飩平庵
P1140963.jpg


“どんべえあん”と読みます。

『大牟田に来たからには、ここも食べなきゃね!』と教えていただきました。
P1140970.jpg



かけうどん200円!安いですね。
P1140965.jpg



肉うどんにするか、ごぼう天うどんにするか悩みましたが、今回はこちらに決定。

ごぼう天うどん @370円+大盛り120円
P1140963.jpg



きれいに丸く揚げられたごぼう天が鎮座してらっしゃる。
P1140964.jpg



かなり太め?のうどんが、なんとも独特な味わいのおツユを吸い上げます。

慣れてくると、これなしではいられない体になる系ですかね?

多分、1度目よりも2度目、2度目よりも3度目・・・と、回数を重ねるごとに胃袋がこのうどんを欲するようになるような予感です。
P1140967.jpg



揚げ物は、基本揚げ置きなんですかね~。

ちなみに、今回のごぼう天うどんは注文後1分かからずに提供されましたよ!
P1140968.jpg



お店の入口付近には、無人販売所みたいなものがあり、うどんや野菜などを100円で販売してありました。
P1140969.jpg



次回は、間違いなく肉うどんを食べると思います。


大盛りはやめて、ご飯ものを一緒に頼もー。



それでは、cya~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック