生そば よしだ @佐世保市下京町

年も暮れなので、蕎麦をどうぞ。

なぜ、大晦日にお蕎麦を食べるんでしょうね?

そう思い、ググッて見ました。

うーん、予想通りだ!諸説ありすぎ。

蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願ったものであるとする説だとか、

ソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐ説だとか、

蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説などなど。

ちなみに、薬味のネギについては心和らげるという「労ぐ(ねぐ)」の意味、あるいは、神職の「祢宜」の言葉に掛けた語呂合わせであるともいわれるそうです。

詳しくは、Wikipediaでどうぞ。



さて、今回は佐世保のお蕎麦屋さんです。

生そば よしだ
P1140472.jpg


自分が佐世保に住んでいたころ、同僚に教えてもらったお店です。

個人的な思い込みかもしれませんが、佐世保ってお蕎麦屋さんが少ないんですよね。

それを同僚に話したところ、『ありますよぉ~』って連れて来てもらった記憶があります。

佐世保市内、長いアーケードの終点。佐世保駅側にあります。


結構狭い店内で、家族連れだと下手すりゃ別テーブルになる可能性もあります。

でも、佇まい含め、名店のオーラが出ています。



こちらが、麺のメニューです。

裏には、ご飯モノのメニューもあります。

ご飯モノについては、また次回。
P1140457.jpg



かけそば1杯プリーズ。

280円です!!
P1140464.jpg



味は濃くないけど、色は濃いです。

お江戸な感じってやつですか?
P1140467.jpg



そばと一緒に、薬味も運ばれてきました。
P1140468.jpg



なーるほどね。

写真で想像できる通りの味だと思いまーす。

もちろん、完食御礼です。
P1140469.jpg



この赤いヤーツを少量投入。
P1140470.jpg



これぐらいの量を混ぜていただくと、これまたオイスィ~ッ。
P1140471.jpg



間違いなく、自分の中では佐世保の名店。


通っている美容室の目と鼻の先ですので、これからも通うと思いまーす。



それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック