“奥飛騨 純米にごり” 呑んだよ

奥飛騨と聞くと、まず頭に浮かぶのは温泉です。

次に浮かぶのは、飛騨牛かな。

山なイメージなので、山菜などの山の幸ってイメージもあるかな。

ロープウェイもあるね!



会社の先輩が、GWを使って岐阜へ遊びに行ったそうで、光栄にも岐阜のお土産をいただきました。

以前、自分が『東京までクルマで行った!』という話を先輩にしたのですが、それに触発されたようで、岐阜までクルマで行ったとか。

納車されたばかりのプリウスαは、さぞかし乗り心地が良かったことでしょう。


さて、肝心のお土産のお話を。

お土産は、コチラ。


奥飛騨 純米にごり
DSCF1907.jpg


ピンク色の可愛らしい箱から、720mlの瓶を取り出します。

おおぉ~、すてきな濁り具合。
DSCF1908.jpg



こういう字を書けるオトナになりたいですな。
DSCF1909.jpg



創業享保5年 高木酒造株式会社 HP

享保5年とは、西暦で言う1720年です。今から300年ぐらい前かぁ。

江戸で、町火消の『いろは組』が結成されたのが、享保5年です。

江戸幕府の将軍は、吉宗。
DSCF1910.jpg



だそうです。
DSCF1911.jpg



グラスに注ぎます。

あぁ~、これもカルピスと間違えそうな色だlol!!!
DSCF1912.jpg



甘~いです。

濃い味の料理と合うようなことがHPに書かれていましたが、実際どうだろう?

肴はいらないから、ゆっくりとロックで飲みたいお酒ですな。
DSCF1913.jpg





もちろん、一晩で呑み切り。




ベロベロでソファーに寝たMARINUSでした。






それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック