博多ちゃんぽん ちょき @六本松 の前は、【角打ち処 右衛門】に行ったね

さて、【居酒屋 平ちゃん】で地鶏と宝山を満喫した我々一行。

別府から六本松方向へテクテクと歩きます。

あては、ありません。

嘘。先輩が、“ちょき”に行きたいって。

飲みに行って、1軒で終わらず2軒目、3軒目・・・と行ったうえ、〆に麺まで食べるようになったのはいつからだろう?

生まれつきDNAに刻み込まれている習性なのか、それとも刷り込みなのか?

動作共鳴→CO-ACTIONだwww


というわけで、〆の麺。

博多ちゃんぽん ちょき @六本松
DSCF1414.jpg


大丈夫。ヘロヘロです。

なにが大丈夫って???ヘロヘロです。

チドラーです。

デンジマンに出てきたのは、ヘドラー将軍です。ヘドラー将軍に敬礼。

自分達は、千鳥足のチドラーです。



千鳥連盟は、ちゃんぽんも好みます。

ちゃんぽんと言っても、アルコールを混ぜ合わす“ちゃんぽん”です。

なので、〆もちゃんぽんです。意味不明です。
DSCF1415.jpg



鶏塩ラーメンが気になります。

遠い記憶ですが、中洲にもお店があった頃、食べたような。
DSCF1417.jpg



慶史かぁ~、残念だけど、味も歯ごたえも分からなくなっていると思う。
DSCF1418.jpg



だって、これ飲んだ記憶がねーもん。
DSCF1420.jpg



ほら、写真もこんな感じだし。
DSCF1422.jpg



でも、しっかりこの角度からも撮っているし。
DSCF1423.jpg



思い出した、これは後輩が食べたつけ麺だ!
DSCF1421.jpg




ちなみに、ちょきの前は【角打ち処 右衛門】で飲んでた。


この、島美人に違和感を覚えた千鳥連盟。


度数も、20度ではなく、しっかり25度。


ラベルに違和感があるなぁ~。答えは、自分で考えてちょ。
DSCF1411.jpg



カレーマンの自分ですが、まさかここでカレーとか食べていないよな・・・
DSCF1412.jpg



いや、多分大丈夫かな?
DSCF1413.jpg




一瞬にして鹿児島訛りに戻った夜。


しばらくイントネーションがカゴシマラーだったのは、ここだけの話しです。





それでは、また。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック