らーめん みそや @熊本市中央区帯山

熊本で味噌ラーメンを食べました。

そういえば、“味噌”っていう漢字は読めるけど書いたことがないような気がします。

味噌って、日本料理に欠かせないものだと思っているのですが、ちょいと起源を調べてみました。

以下、ウィキペディアより(やっつけ系)。


日本においては縄文時代から製塩が行われ、醤などの塩蔵食品が作られていたと見られる。

弥生時代の遺跡からは穀物を塩蔵していた形跡が見つかっている。味噌の原型となる日本の歴史は古く、弥生時代だとする説がある

古墳時代からは麹発酵の技術を加えたものとなった。「大宝律令」にも「醤」が記載されている。

一方で奈良時代に中国と朝鮮半島を経て伝来したとする説がある。周辺のベトナムや朝鮮半島にも、独自の醤が存在しており、独自のルーツを持つ独自の味噌とされる。

現在の味噌に近い物へと変化したと思わしき最初は、奈良時代である。当時の文献に「未醤」(みさう・みしょう:まだ豆の粒が残っている醤の意味)と呼ばれた食品の記録がある。また「末醤」とも書かれ、「大宝令」(大宝元年(701年))の「大膳職」条では「末醤」と記される。

他に味醤、美蘇の字もすでに見える。藤原京(700年前後)の遺跡からは、馬寮(官馬の飼養などを担当する役所)から食品担当官司に醤と末醤を請求したものとして、表は「謹啓今忽有用処故醤」、裏には「及末醤欲給恐々謹請 馬寮」と書かれた木簡が発掘されている。この「豆の粒が残っている醤」がその後の日本に定着した。この未醤、あるいは末醤が、やがて味醤、味曽、味噌と変化したものであることは、「倭名類聚抄」(934年頃)や「塵袋」(1264~1287年頃)という辞書に書かれている。

この当時の味噌は、調味料というよりは豆やその他の穀物を塩漬保存した保存食であり、つまんで食べられた。徒然草において、北条時頼と北条宣時が、台所に残っていた味噌だけを肴として酒を酌み交わしたという逸話があるが、そういう時代背景がある。大豆を原料とした調味料としては、当時は塩辛納豆が主に使われた。



うむ。

では、イキまーす。

らーめん みそや
P1200268.jpg


お店の場所ですが、道路沿いっちゃあ道路沿いなのですが、1回通り過ぎちゃいました。

お店の前が駐車スペースです。
P1200276.jpg



迷わず味噌ラーメンを注文です。
P1200267.jpg



麺が茹で上がろうかというタイミングで、野菜の調理が始まります。

熟練した連携プレー!


味噌ラーメン @630円
P1200268.jpg



もやしシャキシャキ。
P1200269.jpg



甘めなプースー。

少し一味をかけてみたけど、一味がない方が好きでした。
P1200270.jpg



チリチリ縮れ麺。
P1200272.jpg



チャーシュー。
P1200274.jpg



配膳の際、『ご飯はよろしいですか?』と聞かれ、『あ、結構でーす』なんて言いましたが、どうやらランチタイムはご飯をサービスしていただけるようでlol!!!

あとで気付き、『あー、もらえば良かったなぁ~』なんて貧乏サラリーマンな反省会。

エアーライスで高菜をいただきました。
P1200275.jpg




寒くなってきたので、味噌ラーメンがベストシーズン(個人比)となりました。


この冬こそは、自家製味噌作りにチャレンジしようと思いますー。





それでは、cya~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

NO TITLE
こちらは濃厚味噌ですよね
ランチのライスはいつ食べても残念なものなので頼まれなくてよかったかもです
このスープにはご飯は鉄板だと思うので尚更残念です
トッピングはバターがお奨めです

味噌は「竹とんぼ」も美味しいですよ^^
(醤油が有名なんですが、おにぎりと食べると最高です)
こちらの焼豚とシャキシャキもやしもかなりいけてます^^
しぇいでぃーサン
あらら、ご飯頼まなくて正解ですかー(´∀`)

竹とんぼですね!
この冬のうちに、味噌と醤油を両方食べてみます!

管理者のみに表示

トラックバック